精神保健福祉論 精神保健福祉施策の現状と課題HP2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数142
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価 B+ レポート
    参考にしていただけたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「精神保健福祉施策の現状と課題について述べよ。」
     わが国の精神保健福祉は、1993年の「精神保健福祉法」改定において、地域生活援助事業の法定化、2000年以降は居宅介護等事業や、短期入所などの地域福祉事業が法定化され、「入院医療中心」から「地域生活中心」へと移行しつつある。2005年には、身体障害・知的障害・精神障害者の福祉施策を一元化する「障害者自立支援法」が成立し、2006年4月から施行されるなど、障害者福祉をめぐり新たな展開になっている。
    保健福祉行政について
     わが国では戦後、日本国憲法が制定されたことにより、保健福祉行政は基本的人権の尊重を基本原理として、人々が健康で安心して社会生活を営めるように維持し、活気ある社会作りを目的としている。
     政府は2000年12月に、21世紀の国・地方を通じた行政の在り方について、「行政改革大綱」を閣議決定した。その中で保健福祉行政に関係が深いものとして、「国と地方の関係を見直し、地方公共団体の自主性自立性を高める」「地方公共団体に対する国庫補助負担金において、社会経済情勢の変化や役割分担を踏まえ整理合理化の推進」とあり、保健福祉予算の一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。