精神科リハビリテーションの構成 HP

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数136
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価 A レポート
    参考にしていただけたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「精神科リハビリテーションの構成について述べよ。」
    1.精神科リハビリテーションの対象 
    精神障害リハビリテーションの対象者は、精神障害のために生活が困難になっている方々である。以前は医師による医学的判断を基準としてきたが、最近では障害者本人の希望自己実現に向かう際に必要とされる専門的支援として位置づけられるようになってきた。     
    日本の法律では、精神障害者保健福祉手帳を有する者が福祉サービスの対象となっているが、リハビリテーションは手帳取得以前から開始されるものであり、病気の種類につい
    て必ずしも手帳の対象疾患に限られるわけではない。最大の対象疾患は統合失調症であるが、長期的なリハビリテーションを要するものはその2割程度にすぎない。一方、薬物依存症や各種不適応症、PTSDなども、必要に応じてリハビリテーションの対象となる。
     また、法的には、「精神障害」という言葉は、「精神疾患」と「精神の障害」と混同して用いられているため注意が必要になる。必ずしも明確に分けられるものではないが、前者が主に医療の対象で、後者が主にリハビリテーションや福祉の対象になる。
     日本におけるリハビリテ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。