精神科リハビリテーションの概念 HP

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数141
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価 A レポート
    参考にしていただけたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「精神科リハビリテーションの概念について述べよ。」
    精神科リハビリテーションの概念
     世界保健機関(WHO)は1968年にリハビリテーションを、「障害の場合に機能的能力が可能なかぎりの最高レベルに達するように個体を訓練あるいは再訓練するため、医学的・社会的・教育的・職業的手段を併せ、かつ調整して用いること」と定義している。
     2001年に改訂された国際生活機能分類では、身体障害による生活機能の障害が中心であったのに対し、IGFはこれらに環境因子という観点加えた、①生物学的水準(心身機能と身体構造)、②一個体の活動としての水準(活動)、③社会的水準(参加)と、3つの階層にわけた。このように、個々のリハビリテーションの実践において明確、多角元的視野をもつことが必要である。
    リハビリテーションの分類
    リハビリテーションの分類は、障害の種類やレベル、障害者のどの側面、どの局面に働きかけるか、など基準をどこに定めるかによって分類可能である。
    医学的リハビリテーション
     心身の機能・能力回復などを目的とする。作業療法、レクレーション療法、SST、集団精神療法、行動療法、教育的家族療法、デイケア、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。