精神援助技術各論 精神障害者を対象とした集団援助技術について述べよ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数134
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価 A レポート
    参考にしていただけたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「精神障害者を対象とした集団援助技術について述べよ。」
     精神障害者にとって、集団の中にいることはとても緊張と不安を伴うものである。さまざまな症状に苦しみながらの長い入院生活や引きこもりの生活、他者との関わりで傷ついた心を健常にし、集団で成り立つ社会や人に溶け込んでいくことは容易ではない。グループでの援助技術を用いて精神障害の苦しみやつらさ、症状を理解しながら、充実した社会生活を送れるように援助することが重要である。
    集団援助技術(グループワーク)
     集団援助技術とは、精神保健福祉士などのソーシャルワーカーが用いる技法であり、精神障害者の障害に対しての受容、軽減、自己理解、自己実現等を目指す援助法である。精神障害者が生活上の問題や困ったことに焦点をあて、精神障害者の独特の知覚や行動の結果生じる生活上の問題、社会に受け入れられず苦しんでいる点を見逃すことなく重視することが大切である。それにより、治療チームでの協力が円滑に進み、精神障害者との援助関係を深めるのに有効になる。グループを用いて援助する際は、活動の制限になっている能力障害や、生活を営む諸技能を、獲得すべき青年期に療養せざるをえ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。