精神援助技術各論 精神障害者のケアマネジメントについて述べよ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数330
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価 A レポート
    参考にしていただけたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「精神障害者のケアマネジメントについて述べよ。」
    ケアマネジメントの来歴
     アメリカにおいて精神障害者のケアマネジメントは、1963年ケネディ教書が精神病院の大幅な病床削減をし、障害者施設の改革をすることにより始まった。その背景にはノーマライゼーション思想の広がりや公民権運動、財政負担の軽減などが脱施設化を引き起こし推進したといわれている。1976年に、全米ソーシャルワーカー協会主催の「ソーシャルワーク概念枠組み」に関する会議が行われ、新しいソーシャルワークの方法としてケースマネジメントを位置づけ、地域レベルの多様なサービスを連携させる革新的な動きとした。その後ケースマネジメントは体系化され、多様なタイプのケースマネジメントが開発・運用されていった。
     一方イギリスでは、1950年末に精神障害者に対する収容主義の批判が相次ぎ、1959年「精神衛生法」が制定され、地域ケアが強調されるようになった。その後1968年のシーボーム報告、1988年のグリフィス報告を経て、1990年の「国民保健サービスおよびコミュニティケア法」においてケアマネジメントシステムを導入するに至った。マネジメントする..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。