心理療法概説HP

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数119
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価 A レポート
    参考にしていただけたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「各種の心理療法の中から、3つの心理療法を取り上げて、それぞれについて論述せよ。」
    1.はじめに
     心の悩みや問題を抱えている人に対して、専門的な訓練を受けた臨床心理士やカウンセラーなどが、心の負担を軽くするために行う心理的治療やその技法を心理療法という。心理療法は、薬物療法や外科療法、身体的療法などの医療的手段以外のものをさし、原則的に診断よりも療法(治療)に重点をおいている。
     心理療法は、大きく「個人療法」と「集団療法」とに分けられる。
    個人療法は、治療者と患者(クライエント)とが一対一で行う療法で、精神分析療法や行動療法、森田療法などがその代表である。
     一方の集団療法は、患者の家族や同じ悩みをもつ患者同士による計画的、組織的な集団組織の中で痛みを分け合い、共感しながら治療に取り組む方法である。アルコール依存症の患者と回復者による患者自助集団に代表される治療法である。
     現在、行われている心理療法にはさまざまなものがあるが、そのうち3つを取り上げて述べていく。
    2.心理療法について
    Ⅰ.精神分析療法
     精神分析療法は、神経症の治療法として、1885年にフロイトが提唱した療法で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。