心理検査法 説題2HP

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数190
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境心理学心理分析医学自由知覚精神記録

    代表キーワード

    心理検査法

    資料紹介

    評価 A レポート
    参考にしていただけたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「ロールシャッハ・テストについて、その特徴を述べよ。」
    1.投映法について
    ロールシャッハ・テストは、心理検査のうち、投映法に分類される人格検査の一つである。投映法は、ある一定のあいまいな刺激に対して、被験者がどのように反応するかによって、性格を把握しようとする心理検査である。被験者は自分の反応を持つ意味がはっきりしないため、不当な緊張感や意識的な操作をすることなく、知らず知らずのうちにありのままの自分を示すことになる。そのため、他の検査では把握できない無意識的な欲求などを把握することができる。しかし、結果の整理、解釈が容易ではなく、かなりの熟練と技術が必要である。また、解釈に検査者の主観が入りやすいという欠点がある。
     「投映法」という表記には、心理学関係の書籍の中では、「投影法」と表記されることが
    多い。しかし、心理検査における「投映」とは自分の内面を外界の刺激の上に映し出すという広い意味をもち、精神分析で用いられる防衛機制の「投影(自分のなかの受け入れられない衝動や感情を外在化して、自分とは別の他者に属するものとして知覚すること)」とは区別したほうがよいとされている。
    2.ロー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。