社会学概論レポート HP

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数153
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価 A レポート
    参考にしていただけたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「産業化とそれによる社会の変化について述べよ。」
    1.産業化について
    産業化(Industrialization)とは、西洋における産業革命を契機として進行した、経済領域における変動を指す概念である。重化学工業、すなわち鉄鋼、石油化学、自動車、電気などの産業が一連の技術革新によって、システム化による生産様式を生んだ。そして、システム化した産業を生みつつ、企業の巨大化、系列化をおしすすめた。
     西洋の産業革命の時代は、産業化とは工業技術の飛躍的な発展、製造業の発達、工場労働者の増大などを意味したことから、産業化は工業化と同じといえる。科学・技術の進歩を起動力として機械化された工業生産を中核とする社会・経済状態(インダストリアリズム)へ向かう過程であり、それは本来高度の普遍性をもった科学・技術を基盤とするゆえに一元的・普遍的な性格をもつ。また、近代化とは、その多様な様用におうじて、経済的・政治的・精神的近代化などの局面に分かれながらも相互に浸透しながら進行するが、その主要過程は経済的近代化であり、近代化の実質は産業化であるといってもよい。
    2.産業化による社会の変化
     産業構造変化がもた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。