権利擁護と成年後見HP

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数73
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価 B+ レポート
    参考にしていただけたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「ソーシャルワーカーとして成年後見活動を行う上での留意点について権利擁護の視点から具体的に述べよ。」
    1.はじめに
     国際ソーシャルワーカー連盟が定めた、ソーシャルワークの定義は以下の通りである。
     「ソーシャルワーク専門職は、人間の福利(ウェルビーイング)の増進を目指して、社会の変革を進め、人間関係における問題解決を図り、人々のエンパワーメントと開放を促していく。ソーシャルワークは人間の行動と社会システムに関する理論を利用して、人びとがその環境と相互に影響し合う接点に介入する。人権と社会正義の原理は、ソーシャルワークの拠り所とする基盤である」と明記されており、これはすなわち、ソーシャルワーカーの役割は、人権を守り、権利を擁護することを基盤としているという意味である。ソーシャルワーカーは、支援を必要とする人々の生活と権利を擁護することが、ソーシャルワーカーという専門機能の価値と原則を具現化するものとしてとらえ、成年後見制度等の権利擁護のための法制度を理解し、積極的に活用していく力が求められているといえる。以下に、ソーシャルワーカーとしての成年後見活動について、述べていくとする。
    2...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。