ソーシャルワークの理念について述べよ 説題2HP

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数178
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉人権社会情報自立法律地域障害者

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    評価 B+ レポート
    参考にしていただけたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「ソーシャルワークの理念について述べよ。」
    ソーシャルワークの実践と価値
     価値は、多くの場面でソーシャルワーカーに影響を与える。それは、対象者の選定、対象者の支援の方向性、ソーシャルワーカーの時間の費やし方、社会資源の配分の仕方、クライエントを支援するアプローチや方向の選択、個々のソーシャルワーク実践での瞬時の判断など、幅広く係る。
     国際ソーシャルワーカー連盟によると、ソーシャルワーク専門職として身につけるべき価値に、人権尊重と社会主義があげられる。
     人権尊重については、人のもつ権利を尊び、制限したり奪ったりしてはいけないという実法律上のもとに、相手の価値を理解することである。どのような状況にある人も、差別することなく、価値観を認めること、それはクライエントとの深い信頼関係を築く重要な要素に繋がる為、大切である。この基盤に立ち、相手のライフヒストリーに感受性をもって理解することも大切である。相手が生きてきた存在価値ごと感じ、表面でとらえるのではなく、人間そのものをいかに受け止められるかが重要である。こうした人権を尊重した姿勢というのは、人間の心に通じ、変化を呼び起こすこともある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。