ソーシャルワークⅡ 説題2 HP

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数92
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価 B+ レポート
    参考にしていただけたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「相談援助の展開過程における各段階の特徴について述べよ。」
     ソーシャルワークは、クライエント(個人、環境、小集団・組織、地域社会)と環境との交互関係に焦点をあて、クライエントの社会生活上の問題を解決・緩和し、予防することで人々の社会生活機能を増大することを目的としている。国際ソーシャルワーク連盟は、ソーシャルワークの定義を次のように定めている。「ソーシャルワーク専門職は、人間の福利の増進を目指して、社会の変革を進め人間関係における問題解決を図り、人びとのその環境と相互に影響しあう接点に介入する。人権と社会正義の原理は、ソーシャルワークの拠り所とする基盤である」
     上記の事を踏まえクライエントのニーズを充足する方法の1つとして、相談援助が挙げられる。ソーシャルワークにおける相談援助は、サービス申請者(クライエント)のインテークから始まって終結にいたるまで、さまざまな知識・技能・手法等を活用して援助を実践するものである。
     相談援助の展開過程には、ケース発見、インテーク(受理面接)、アセスメント(事前評価)、プランニング(援助計画)、インターベンション(具体的サービスの提供、介入)、モ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。