ソーシャルワークⅢ ①HP

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数94
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価 B+ レポート
    参考にしていただけたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「相談援助におけるグループワークの持つ意味とその展開過程について説明せよ。」
    1.はじめに
     人間は、その生涯においてさまざまな人とのかかわりのなかで社会生活を営んでいる。そのなかでどのような集団に属し、どのような影響を受けてきたかによって、人格や価値観が形成されるといっても過言ではない。その為、集団経験の質や中身が問われる必要があり、人間の発達や生活にも大きな影響を与える可能性を秘めている。このように集団は、人間にとって最も身近で重要な社会的環境であり、常に何らかの集団に属している人間は、社会的な存在といえる。
    2.ライフサイクルとグループ
     人間の誕生から死に至るまでにはいくつかの生活周期があり、それをライフサイクルという。下記に、ライフサイクルを乳幼児期、児童期、青年期、成人期、高齢期に分け、関わっていくグループに焦点を当てて述べていく。
    Ⅰ 乳幼児期
     乳幼児期では、両親をはじめとする家族グループを生活の場にしている。家族グループを通した関わりのなかで、「人間らしさ」の第一歩を踏み出し、人間としての基盤を形成する時期である。
     幼児期になると、家族グループの他に、近所の子どもた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。