S0101 教育原論 第1設題(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数119
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育原論佛大A評価

    代表キーワード

    佛教大学教育原論S0101

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。』
    1.はじめに
    ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチー(1746-1827)はスイスが生んだ教育実践家であり、孤児や貧民を対象とした教育活動と、その実践を紹介する執筆活動を通して、特に子どもの初等教育段階に必要とされる全人的な教授アプローチを体系化した人物である。ペスタロッチーの教育実践は、彼の経営する片田舎の農場に通う貧困層の子弟を対象とした、貧民学校での教育活動がその始まりである。以後、変転する当時の国内情勢の中で、幾度も立場や場所を変えつつも、孤児や貧民の子どもに対する教育活動に粘り強く取り組み、その方法や理念について執筆し続けた。以下、ペスタロッチーの提起した教育原理とそれに基づく彼の教育方法を概観したい。
    2.ペスタロッチーの教育原理
    (1)有機的・発生的教育方法
    ペスタロッチーの教育原理の根底にあるのは「有機的・発生的教育」という独特の教育観である。これは、子どもには既に将来の成長に向けて発展する素質が内在しているという見方であり、ジョン・ロックのタブラ・ラサ説にみられるような、子どもの本性は白紙で教育とは必要な知識..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。