児童福祉

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数70
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    児童福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     少子化対策や子育て支援が地域振興・発展のための重要な要素となっている現代、各自治体では様々な保育サービスが行われている。
     東京都世田谷区には、いくつかの保育サービスがあり、またそのサービスを利用するための条件なども細かく規定されている。東京都世田谷区では地域住民のためにどのような保育サービスが用意されていて、どのような住民がそれを利用できるのかをここでまとめていきたい。
     まず現在、世田谷区には大きく以下のサービスが設けられている。
    1・区が運営する区立の認可保育園
    2・社会福祉法人等が運営する私立の認可保育園
    3・個人等が運営する保育室
    4・個人が運営する保育ママ
    5・株式会社等が運営する認証保育所
     これらのサービスを利用するためには、最低限の条件があり、保護者の就労、同居の家族その他親族等も保育が出来ない場合(家庭で保育ができない事情等)というものである。しかし、5に挙げた認証保育所には株式会社等が設置したA型と個人が設置したB型があり、A型は月160時間以上の保育が必要であれば利用することも出来る。その他にもどうしても保育にあたることが出来ない、などこれらのことが常態となっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。