児童福祉 児童養護施設の内容と入所児童の監護と教育はどのように行われているか述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数208
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    児童福祉

    資料紹介

    この内容でAでした。よろしければ参考にして下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     はじめに、児童養護施設とはどのようなところであるか。児童福祉法に規定されている児童福祉施設はその対象児童と目的によって14種類の施設があるが、省令によりさらに細分化されて20種類となっている。児童養護施設はその中の一つである。ここでは、その児童養護施設の内容がどのようなものであるか、また入所児童の監護と教育は、どのように行われているかを書き出し、まとめていきたい。
    児童養護施設は「乳児を除いて、保護者のいない児童、虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせてその自立を支援することを目的とする」(法第41条)施設である。
     児童達の入所理由では、近年では親からの虐待・酷使、放任・怠惰、精神障害により児童の養育に不適切、あるいは、児童の人権を侵害する加害状況により、両親から離れて生活をせざるを得なくなった児童の割合が年々増加している。
     また児童養護施設は、虐待を受けた児童を受け入れ、ケアをすることが法律で明記されている児童福祉施設である。虐待には身体的虐待、ネグレクト、心理的虐待、性的虐待があるが、児童養護施設に入所してくる児童たちの中には、家庭内..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。