英文学史(第2設題)A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数190
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。」
    ヴィクトリア時代は、1837年にヴィクトリア女王(Queen Victoria,1819-1901)が18歳で即位した年から始まる。女王は体力、意力、精力ともに優れ在位期間の64年間、イギリスは安定した秩序を保ちながらかつてない発達を遂げた。この時代はイギリス史において産業革命による経済の発展が成熟に達したイギリス帝国の絶頂期であるとみなされている。ヴィクトリア朝は社会の変化の観点から、初期(1837-1850)、中期(1850-1870年代)、後期(1870代-1901)の3期に分類される事が多い。初期はヴィクトリア朝以前の1832年に行われた第一次選挙法改正や1846年の穀物法廃止などに見られる様に、産業資本家の勢力が伸張した時代である。中期には1860年の英仏通商条約、およびグラッドストン首相のもとでの自由貿易体制が整えられ、イギリス帝国は絶頂期を迎えた。後期には、イギリス国内の生産設備老朽化や、資本集中の遅れから重化学工業への転換が遅れた一方、アメリカ合衆国やドイツなどの工業力が向上し、イギリスの経済..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。