米文学史(第1設題)A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数155
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。
    ●エドガー・アラン・ポーについて
    彼の作品には作家という彼自身の精神状態が色濃く反映されており、彼の人生に基づいたその都度の心の内側が描き出されている。『黒猫』や『赤死病の仮面』で描かれているのは、彼の「死への恐怖」と「生への執着」であり、短編小説における彼の代表作である。また、彼の絶望を描いた『大鴉』は、失われつつある最愛の妻を思う彼の内面、その失われた妻への切ない「愛情」を描いた『アナベル・リー』。これらは彼の詩の代表作である。また彼は詩に対して評論もしており、『創作倫理』において自身の作品『大鴉』の創作過程を分析、説明し、『詩の原理』においては彼の死に対しての価値観や姿勢を述べている。上記で述べた短編小説、詩、評論について以下で述べる。
    彼の短編小説では人間の深層心理に焦点を置いているものが多く、その上彼自身の精神状態が色濃く反映されている。例として『黒猫』をあげて以下で述べる。この作品では人が抱く「死」への恐怖やそれからの現実逃避が描かれ、それに伴い人が無意識に抱く天邪鬼の心が鮮明に映し出されている。また、脚注での語り..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。