英米文学概論(第1設題)A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数195
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    18世紀におけるイギリスの小説について述べなさい
    <勃興>
     17世紀において政治的混乱や宗教的狂言を体験したイギリスは、18世紀に入って理性と良識を求めるようになり、人々は神に向けていた眼を社会と人間に向け始めた。ここに新たな市民層が誕生し、事実あるいは事実らしい写実的な物語を、彼らは文学に求めた。
    これらの要望に応えたスティールとアディソンは、二人で協力し、定期刊行物『スペクテイター』などを発行した。中流階級をターゲットにわかりやすいが典雅な散文で作品を発表し、後のエッセイ文学の先駆けとなった。
    デフォーは『レビュー』(A Weekly Review, 後にThe Review)を10年間一人で執筆発行し、事実を事実として報道するジャーナリストの目を養った。おもしろおかしく語ろうとするストーリー・テラーの天分も備えていた彼は、『ロビンソン・クルーソー』で近代写実小説の先駆けとなった。その7年後、イギリス人はスウィフトの名を不朽にした『ガリヴァー旅行記』を楽しんだ。
    <隆盛>
     1740年からの30年間はエリザベス朝の演劇やロマン主義時代の詩にも等しいほどにイギリスの小説は隆盛となっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。