【S0536_人権(同和)教育】試験対策_5題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,408
ダウンロード数80
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・科目最終試験対策用の参考資料です
    ・過去問5題収録しています
    ・箇条書きで指定テキストをまとめました
    ・1設題あたり1ページにまとめました
    ・要点を絞ったため、必要最低限プラスα程度の内容と思われます。
    ・自身もこの資料を用いて 合格 しました

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【S0536 人権(同和)教育】
    【過去問①】50年に及ぶ戦後の同和教育のあゆみと意義について論じること。
    1.戦後の同和教育のあゆみ
    (戦後の部落解放運動)
    ・終戦後、1947年に日本国憲法が施行された。
    →憲法第14条で、被差別部落の人々が差別されないという理念を明文化。
    ・実際には被差別部落の変わらぬ劣悪な環境と差別意識が続いた。
    →「貧困と差別の悪循環」を断ち切る行政施策が、積極的に実施されなかった
    ・1951年、部落解放運動のきっかけとなる「オールロマンス事件」が起こる。
    →雑誌に、被差別部落を題材にした偏見と差別意識を助長させるような小説が載る。
    →人々は「行政の無関心さこそが差別である」と同和行政の責任を追求した。
    →全国的に部落解放運動における行政闘争が組まれた。
    ・部落解放運動は、徐々に大衆的な運動へと発展し影響力を強めた。
    ・教科書無償化運動も起こり、最終的にはすべての義務教育段階において実現する。
    (「法の時代」の到来)
    ・部落解放運動の激化に伴い、政府も部落問題に真剣に取り組まざるを得なくなる。
    ・1965年、同和対策審議会答申で、被差別部落にむけた行政施策の必..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。