【S0534_教育相談の研究】最終試験対策_6題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数879
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・科目最終試験対策用の参考資料です
    ・過去問6題収録しています
    ・箇条書きで指定テキストをまとめました
    ・1設題あたり1ページにまとめました
    ・要点を絞ったため、必要最低限プラスα程度の内容と思われます。
    ・自身もこの資料を用いて 合格 しました

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【S0534 教育相談の研究】試験対策
    【過去問①】カウンセリングの種類を上げて、それぞれの理論や方法について比較検討しなさい。
    1.カウンセリングの種類
    (広義のカウンセリング)
    ・もともとカウンセリングとは、人が日常生活を営む上で生じる悩みに対して相談や指導をすることだった。
    ・牧師は、悩みについてその人の内面に立ち入り、自己を見つめさせることによって手助けをしたため、カウンセリングの原点とされる。
    ・以上を「広義のカウンセリング」といい、「非専門家によるカウンセリング」とも言える。
    (狭義のカウンセリング)
    ・近代では、社会構造が複雑化・悩みや相談内容の多様化により、カウンセリングに知識や技術の専門性が要求されるようになった。
    ・今日一般的な、専門家によるカウンセリングを「狭義のカウンセリング」と言う。
    ・1942年ロジャースが「カウンセリングと心理療法」を出版し、カウンセリングという用語が一般的に。
    →カウンセリングの概念に「治療」的な意味が付加される。
    →カウンセリングされる人をクライエント、する人をカウンセラーと呼び、対等の横関係と考えた
    →クライエントの自発的な意思決定力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。