【S0528_道徳教育の研究】最終試験対策_5題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,031
ダウンロード数46
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・科目最終試験対策用の参考資料です
    ・過去問5題収録しています
    ・自身もこの資料を用いて合格しました
    ・箇条書きで指定テキストをまとめ、わかりやすく工夫しました
    ・1設題あたり1ページ程度にまとめました
    ・要点を絞ったため、必要最低限プラスα程度の内容と思われます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【S0528_道徳教育の研究】試験対策
    【過去問①:人間にとって、道徳がなぜ必要なのかについて述べよ。】
    1.はじめに(人間にとって道徳とは)
    ・道徳は、人間の生き方を示すもので、多くの偉人たちによって説明されてきた。
    ・以下、古代から現代の学者の考えに触れることで、題意をよみとることとする
    ・特に、ソクラテス、プラトンは欧米の思想の源流であり、道徳の理解には不可欠である
    2.ソクラテス・プラトンの思想
    ・ソクラテスは「イデア」の考え方を示し、弟子のプラトンの「イデア論」につながった
    ・イデアとは経験から科学や技術にする為の前提となる「既知と未知とを一括する何か普遍的なもの」
    ・欧米の思想の根底である「イデア論」から、人間が真理を求め、どのように生きるかを考えることが道徳である
    ・プラトン曰く「真実を見ることのできる人々」の養成には、調和の取れた人間教育が必要
    →「真実を見ることのできる人」とは例えばマスメディア等を鵜呑みにせず自身の見解を持てる人々
    ・つまり「道徳=人間の真理・生き方の追求」であるから、当然道徳は重要かつ必要なものといえる
    (参考:イデアとは)
    プラトン哲学で、時空を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。