【S0527_学校教育過程論】最終試験対策_4題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数698
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【!注意!】過去問「4題分のみ」に対応しています。残り1〜2題の過去問があると思われます。ご了承の上参照願います。
    ・科目最終試験対策用の参考資料です
    ・過去問4題収録しています
    ・箇条書きで指定テキストをまとめました
    ・1設題あたり1ページ程度にまとめました
    ・要点を絞ったため、必要最低限プラスα程度の内容と思われます。
    ・自分自身もこの資料を使用して 合格 しました

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【S0527 学校教育課程論 過去問(4題)】
    ①学習指導要領の法的拘束力の有無について論じなさい。
    ●はじめに
    ・1958年の改訂以前はあくまで手引書扱いで法的拘束力はないに等しかった
    ・1958年の改訂にて、法的拘束力が与えられ、学習指導要領の内容を教育課程に反映させることが義務付けられた
    ・今日においても法的拘束力が存在する
    ●初期の学習指導要領
    (最初の学習指導要領)
    ・昭和22年(1947)
    ・あくまで手引書扱いで、法的拘束力はなかった
    →教科課程をどう生かすかを教師自身が研究するための手引きとして書かれた
    ・個人・家庭・社会・経済/職業生活各々における教育目標
    ・6ー18歳までの各々の段階における身体的・精神的特徴
    ・様々な教育方法、具体的指導方法
    (初回の改訂)
    ・学習の目安という位置づけ
    ・法的拘束力はまだない
    ●法的拘束力の強化
    ・昭和33(1958)年に学習指導要領改訂
    (改訂までの経緯)
    ・経験学習的カリキュラムへの批判
    ・児童生徒の基礎学力低下・青少年の非行などが問題に
    ・系統学習的な教育課程の強化
    (特徴)
    ・最低授業数の規定
    ・国語・算数・理科の授業時間数が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。