乳幼児期の子供のパーソナリティーにおいてa

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数214
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    まずパーソナリティーとはどういうものかという考え方であるが、個々人が他者または自分以外の事物から受ける刺激に対して反応をするものの総体という考えもあるが、今回のレポートにおいてはより一般的に個人の心の動きや行動ということにして話をすすめることにする。また乳児とは生後0日から満1歳未満までの子をいい、幼児は、満1歳から小学校就学までの子供のことをいう。
    生まれてすぐから表れ、ある程度の期間持続する行動の個人差を気質とよび(菅原,1996)、主に人間の情動的な反応の特徴という意味で用いられてきた。そしてこれは遺伝的な影響の強い部分であると捉えられてきたが、最近では後天的な環境の刺激により変化するものだと考えられている。このように人間の性格や人格は遺伝的なものの他に乳幼児期の家庭環境や病気・怪我などの外的要因によって形成されていくといわており、このような考えかたは「相互作用説」と呼ばれている。しかし行動遺伝学によると、家庭環境は人格形成、特に気質にはほとんど影響しないといわれている。というのも家庭ごとの環境の違いとして、スポーツや勉強などに力を入れている家庭に育てばそれぞれのことがたくみにな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。