腰椎後側方固定術 PLF 看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数966
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    問題神経観察移植

    代表キーワード

    椎後側方固定術

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ≪腰椎後側方固定術  PLF≫
    適応
    腰椎すべり症
    腰部脊椎管狭窄症
    転移性腰椎腫瘍 など
    術式
    四点指示フレーム上、腹臥位、背側正中縦皮切にて進入。
    両側の傍脊柱筋を棘突起、椎弓から剥離、左右へできるだけ広く展開
    椎間関節の軟骨部を切除
    椎弓、椎間関節背側から横突起背側の皮質を削創し、骨移植と母床作成
    ほとんどの場合、両側の上下椎弓根に計4本螺子をねじ込み
    プレート(ステフィ法)またはロッドで上下の螺子を連結し、
    椎間を強固に固定
    自家腸骨片をできるだけ大量に母床に移植
    閉創
    問題点
    ・スクリューを打ち込む際、神経損傷を起こす可能性がある。 
    ・傷が大きくなり、腰部の筋肉への侵襲が大きくなり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。