声帯ポリープの看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数793
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『声帯ポリープ』
    声帯の機械的刺激が引きがねとなり、粘膜の血液循環障害や出血が起きポリープ形成する。
    片側性、浮腫状声帯は両側性
    声の酷使、喫煙と因果関係がある
    主症状:嗄声
    《ラリンゴマイクロサージェリー》・・・・喉頭微細手術
    顕微鏡下に、内視鏡手術は患部を映しだし、その監視下で行う手術
    利点:低侵襲手術:形態・機能を温存し
    後出血や術後疼痛を最小にとどめる
    欠点:術後合併症の把握が難しい
    ・近隣の器官(咽頭・気管)に流出する血液の流出感
    違和感の訴えを聞く、腫脹の有無の観察
    ・喀痰・唾液の性状の観察
    ・呼吸状態・呼吸音の観察
    ・表情やバイタルサインの確認
    (発声での訴えができないため)
    気..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。