ショックの看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,853
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ショックの看護
    定義:心拍出量低下または血管虚脱のため重要臓器への血流が減少し、その結果臓器機能が持続できなくなった状態
    分類
    機序
    臨床状態
    循環血液量減少性
    循環血液量減少
    血液・血漿の喪失、体液・電解質喪失
    心原性
    ポンプ失調
    心筋梗塞、不整脈、心内血流遮断
    血液分配性
    高~正常血管抵抗
    低血管抵抗
    静脈容量の増加
    動静脈シャント
    敗血症性ショック、自律神経遮断
    脊髄性ショック、薬物中中毒
    肺炎、腹膜炎、腫瘍
    閉塞性
    心外血流路の遮断
    下大静脈閉塞、心タンポナーゼ、肺塞栓、急性大動脈解離
    分類
    主な原因・誘因
    メカニズムと特徴
    循環血液量減少性ショック
    出血、広範な熱傷、下痢、嘔吐などによる脱水
    循環血液量が急激に減少して生じる。乏血性ショックともいう。一般的に循環血液量が20%以上失われると血圧が低下する
    特徴は血圧の低下、頻脈、中心静脈圧の低下、末梢血管抵抗の増大
    心原生ショック
    心筋梗塞、心筋炎、心膜炎、発作性頻拍症、重症不整脈、急性心タンポナーゼ
    心臓のポンプ機能異常によって心拍出量低下して生じる。急性心筋梗塞に伴うものがほとんどである。心筋梗塞や心筋炎では、左室から拍出..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。