末期がん患者の在宅移行期

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数374
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    末期がん患者の在宅移行期
    自宅で看取ろうとすると場合、医療者は患者・家族の主体性を大切にしつつ。起こりうる問題を予測し、一つのことを患者本人と家族が選択できるように支援することが重要
    <在宅移行可能かの見極め>
    患者が自宅で過ごすメリット・デメリット
    家族の介護および精神的負担とともに過ごす時間の意味など、本人生活を照らし合わせて患者とその家族自身が具体的イメージが描けるように支援することが重要
    情報項目
    基本的情報
    住所、氏名、年齢など
    家族構成
    家族以外で治療方針に影響を与える人の有無
    これまでの経過 病名・治療など
    訪問までの経緯
    在宅を希望する理由
    病気の告知について
    いつ、どこで、誰..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。