鼻出血の看護

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数615
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    鼻出血の看護
    固有鼻腔・副鼻腔・上咽頭に出血部位があって
    外鼻孔から出血する場合
    後鼻孔から血液が咽頭に流下して口から吐き出される場合
    症候性鼻出血:出血の原因がはっきりしているもの
    特発性鼻出血:局所的にも全身的にも原因不明のままおきる場合
    キーセルバッハ部位:内頸動脈と外頸動脈の両方の動脈分布があり、外鼻孔に近くて外界の刺激を受けやすい
    前方、後方、どちらからの出血が多いか
    出血歴はあるか、反復性か
    基礎疾患・内服薬剤の有無
    出血量
    止血処置
    圧迫
    キーセルバッハ部位の出血の場合
    顎を引いた状態で吸を行いながら、鼻翼を母指と示指でつまむ。5分ほど続けてもらうことで止血
    ピンチングの際⇒50..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。