精神科患者の利用できる社会資源

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数340
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    利用できる社会資源
    ☆精神科デイケア、ナイトケア、デイ・ナイトケア
    地域で生活する精神障害者に日中および夕方の居場所、活動する場を提供し、集団活動と個別対応を通じて、生活リズムの調整や、対人交流技能の獲得、自己管理能力の向上、主体性回復などを目的としている。
    活動内容は、スポーツ、調理、音楽、ミーティングなどさまざまである。
    ナイトケアは夕方の居場所、仲間との憩いの場となっており、加えて夕食を提供するところも多く、バランスのとれた食事と食卓を囲む団らんの機会ともなっている。
    費用:各種健康保険の適応となる
        3割負担 デイケア 1日 1000円程度
             デイ・ナイトケア 1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。