健康教育企画書

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,648
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    企画書
    はじめに
    アルコール関連疾患にはアルコール精神病、アルコール依存症、肝疾患、脳卒中、高脂血症、がんなどがあり、○×市では肝疾患での死亡が他の地域に比べ大幅に多い。
    断酒会も他の地域に比べて多いことから、アルコール依存者が多いと考えられる。
    また、飲酒量でみると1回に3合以上飲む多量飲酒者の割合が男女ともに全国より高く、中学・高校生などの未成年者の飲酒割合も全国に比べ高い。中学生・高校生の飲酒経験率は、他のシンナー、喫煙、覚せい剤、大麻などに比べて高く、これの背景には未成年の飲酒や、アルコール関連疾患、アルコール依存症についての知識の不足や未成年者が飲酒に対して安易に思っていることが関係していると考えられるため、中学生からアルコールに対する健康教育をする必要があると考えた。
    テーマ
    未成年者の飲酒と大量飲酒の危険性(アルコール関連疾患、アルコール依存症)について
    目的、目標
    ・未成年者が飲酒をしないようにする
    ・アルコール関連疾患について知る
    ・アルコール依存症について知る
    ・アルコール飲酒による影響を知る
    ・自分のアルコール耐性を知る
    方法
    対象者
    中学生になり、行動範囲や生活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。