原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、副腎皮質機能低下症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数435
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    病態・症状・検査・治療についてまとめたものです。  色がついているところは先生に大切だと言われたところです。  参考文献:『ナースの内科学』奈良信雄/中外医学社(2010)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ☆原発性アルドステロン症
    副腎原発性にアルドステロンの分泌過剰を起こした病態で、コン症候群ともいう。内分泌性高血圧の原因疾患としても重要である。
    90%は副腎の良性腺腫による。
    <症状>
    アルドステロンの作用により、Naの体内貯留が増加し腎血管性高血圧になる。
    KとH+は、尿中への排泄が促進され、低K血症とアルカローシスが起こる。
    <検査>
    ①一般検査:低K血症
    ②内分泌検査:アルドステロンの増加、血漿レニン活性(PRA)低下
    ③画像診断:超音波検査、131Iコレステロール副腎シンチグラム、副腎静脈撮影、腹部CT、MRI
    <治療>
    腺腫側の副腎の摘出、内科的にはアルドステロン拮抗薬(スピロノラ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。