寄生虫疾患、AIDS(後天性免疫不全症候群)、薬剤耐性感染症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数208
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    病態・症状・検査・治療についてまとめたものです。  色がついているところは先生に大切だと言われたところです。  参考文献:『ナースの内科学』奈良信雄/中外医学社(2010)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ☆寄生虫疾患
    ・蟯虫症
    全世界に分布する乳白色の小線虫。
    <症状・経過>
    盲腸付近に寄生し、夜間肛門周囲に産卵するため肛門部の掻痒感、不眠、神経症などをきたす。その他、腹痛や仮性虫垂炎、腸管膜リンパ節炎などを起こす。
    <検査>
    スコッチテープ法による肛門周囲からの虫卵採取がおこなわれる。
    <治療>
    ピリビニウムパーモエイト、メベタンゾールが用いられる。
    ・アニサキス症
    回虫の一種であるアニサキスの中間宿主であるアジ、サバ、イカなどの刺身を摂取することにより起こる。
    幼虫が胃壁や腸壁に迷入し、激しい心窩部痛、嘔気、嘔吐、腹痛などを訴える。
    胃内視鏡により胃壁に侵入した幼虫を発見すれば診断が得られ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。