関節リウマチ・Still病

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数258
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    病態・症状・検査・治療についてまとめたものです。  色がついているところは先生に大切だと言われたところです。  参考文献:『ナースの内科学』奈良信雄/中外医学社(2010)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ☆関節リウマチ・Still病
    ・関節リウマチ
    多発性関節炎を主徴とする全身性の慢性炎症性疾患である。関節の内腔を裏打ちする滑膜の炎症にはじまり、パンヌスを形成し軟骨、骨の破壊により関節の変形、強直をきたす。
    TNF-α、IL-1βなどの炎症性サイトカインが病態の形成にかかわる。
    患者の男女比は1:3~4と女性に多く、好発年齢は30~50歳である。原因は不明であるが遺伝的素因、環境因子、免疫異常など多因子が関与する。
    <症状>
    朝のこわばりを伴う多関節の腫脹、疼痛がみられる。中手指節間関節などに変形をきたしやすい。上肢では拇指のZ変形、白鳥の首変形、ボタン穴変形などを呈する。
    関節外症状は血管炎..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。