サルコイドーシス、クッシング病・クッシング症候群、尿崩症・SIADH

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数624
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護治療検査症状病態実習患者病院レポート大学医療まとめ

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    病態・症状・検査・治療についてまとめたものです。  色がついているところは先生に大切だと言われたところです。  参考文献:『ナースの内科学』奈良信雄/中外医学社(2010)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ☆サルコイドーシス
    原因不明の非乾酪性類上皮細胞肉芽腫が他臓器にわたり形成され、そのため臓器障害を生ずる。発生頻度は20歳代と50~60歳で女性が多く、予後も若干不良である。
    <症状>
    ①眼:ぶどう膜炎(飛蚊、霧視、羞明、視力低下)、続発性緑内障(視野欠損、失明)
    ②肺:肺門・縦隔リンパ節腫大、胞隔の肉芽腫(労作時呼吸困難)
    ③心:伝導性障害や期外収縮(動悸、易疲労感)
    ④皮膚:結節性紅斑や瘢痕浸潤(掻痒感)
    ⑤神経:末梢神経障害(顔面神経麻痺)、中枢神経障害(尿崩症)
    ⑥筋肉:腫瘤型(圧痛)、ミオパチー型(筋力低下)
    ⑦腎:カルシウム代謝による腎障害
    ⑧唾液腺:唾液腺炎
    眼症状が最も多い。心..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。