膵炎、膵癌

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数487
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    病態・症状・検査・治療についてまとめたものです。

    色がついているところは先生に大切だと言われたところです。

    参考文献:『ナースの内科学』奈良信雄/中外医学社(2010)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ★膵炎★
    ◎急性膵炎
    急性膵炎はアルコール多飲(40%)や胆石・胆管結石による胆汁の逆流(20%)により膵酵素が活性化され、膵の自己消化が起こるために発症する疾患である。高脂血症や薬剤も病因となるが、成因が不明なものもある。
    軽症では膵臓の炎症性浮腫にとどまるが、重症化すると出血壊死が起こり、腹腔内出血、腹膜炎、さらには多臓器不全を起こして予後不良である。
    <症状>
    急激な上腹部痛で発症することが多く、特に脂肪分の多い食事や過食後、飲酒の後に起こりやすい。座位前屈で軽減する腹痛を特徴とする。
    悪心・嘔吐を伴うことが多く、進行すると発熱もみられる。重症例ではショック、意識障害を呈する。
    <診断>..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。