慢性糸球体腎炎、急性糸球体腎炎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数343
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    病態・症状・検査・治療についてまとめたものです。

    色がついているところは先生に大切だと言われたところです。

    参考文献:『ナースの内科学』奈良信雄/中外医学社(2010)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ★慢性糸球体腎炎★
    6か月以上尿異常所見が持続し、慢性に経過する腎炎である。種々の疾患が含まれている。
    ネフローゼ症候群を呈する例が多く、別々の病気ではない。
    <発生機序>
    ほとんどが免疫の異常反応が関係するといわれているが、詳細は不明のことが多い。
    <症状>
    蛋白尿と血尿が主症状で、病型によって高血圧、浮腫、腎機能低下などを呈する。
    【各種慢性腎炎の臨床的特徴】
    ◎IgA腎症:持続性血尿
          軽度の蛋白尿
          約30%は腎不全に至る
    ◎非IgA腎炎:血尿(間欠的、持続的)
            軽度の蛋白尿
            比較的予後は良好
    ◎膜性腎症:中等量以上の蛋白尿
           約70%でネフローゼ症候群を呈する
           少数例で腎不全に至る
    ◎膜性増殖性腎炎(MPGN):血尿が持続し中等量以上の蛋白尿
                 ネフローゼ症候群を呈する例が多い
                 低補体血症を示す
                 治療に抵抗性で腎不全に至る
    ◎巣状糸球体硬化症(FGS):大部分がネフローゼ症候群を示す
                 血尿は持続し著..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。