マイコプラズマ肺炎、クラミジア肺炎、レジオネラ肺炎、肺血栓塞栓症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数540
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    病態・症状・検査・治療についてまとめたものです。

    色がついているところは先生に大切だと言われたところです。

    参考文献:『ナースの内科学』奈良信雄/中外医学社(2010)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ☆マイコプラズマ肺炎
    若者に多く、飛沫により感染する。潜伏期間は約1~3週間である。
    <症状>
    頭痛、倦怠感とともに喀痰を伴わない頑固な咳嗽を認める。呼吸器系以外の肝機能障害、髄膜炎、溶血性貧血、心筋炎などを合併する。
    <検査所見>
    白血球は上昇しない。CRPと赤沈は亢進する。血清のマイコプラズマ抗体やDNA診断も行う。
    <治療>
    マクロライド系、テトラサイクリン系などの静菌的な抗生物質やニューキノロン系(合成抗菌剤)が有効である。
    ☆クラミジア肺炎
    ・クラミジア肺炎
    クラミジアニューモニエによる。
    <症状>
    頭痛、倦怠感とともに発熱を認める。呼吸器系以外に髄膜炎、脳炎、関節炎、心筋炎などを合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。