Ca代謝異常、K代謝異常

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数157
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    病態・症状・検査・治療についてまとめたものです。

    色がついているところは先生に大切だと言われたところです。

    参考文献:『ナースの内科学』奈良信雄/中外医学社(2010)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ★Ca代謝異常★
    血清Ca濃度の基準値は8.5~10.5mg/dlである。
    Caの代謝調節は副甲状腺ホルモン(PTH)、カルシトニン、活性型ビタミンDによって行われる。副甲状腺ホルモンや活性型ビタミンDは血清Caを上昇させ、カルシトニンは低下させる。
    ◎高Ca血症
    血清Ca濃度が10.5mg/dl以上を高Ca血症という。
    <成因>
    副甲状腺機能亢進症、ビタミンD過剰、サルコイドーシス、悪性腫瘍、多発性骨髄腫、不用性骨委縮、ページェット病
    <症状>
    神経系:失見当識、精神障害、幻覚
    筋肉:骨格筋では腱反射減弱、緊張低下、心筋では不整脈、QT延長、平滑筋では食欲不振、悪心、嘔吐、便秘
    腎障害:濃縮..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。