ケアの本質

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,306
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ケアの本質を読んで自分の生活と結びつけて書いたレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私は入学した当時、ケアとは看護者が患者に対してしてあげるもので、患者に自分ができる全てのことを提供し、患者が何もしないでいいように、安楽でいられるようにすることだと考えていた。しかし、ケアについて学んでいくうちにそれは本当に良いケアといえるのか、と疑問に感じるようになった。
     ミルトン・メイヤロフは「ケアとはその人が成長すること、自己実現をすることをたすけることである」と述べている。これを見て、今まで私が考えてきたケアは、その場限りのことで、患者のその後を考えられていなかったこと、患者の成長には絶対につながらないということに気づいた。メイヤロフの言う成長や自己実現というのは自分の能力を最大限に発揮したいという欲求で、マズローの基本的欲求段階の最も高い欲求でもあり、人が生きていく上で最も重要なものでもあると思う。しかし、成長や自己実現をたすけるということは簡単なことではない。まず、相手がどのような欲求をもっているのか、何をして欲しいと望んでいるのかなど、相手を知ることから始まる。相手を知るためには相手の言葉や表情などの外面的な部分だけではなく、相手が心に秘めている内面的なことまで知る必..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。