特別活動の指導法2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数297
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育学

    代表キーワード

    特別活動の指導法教育学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学級活動のねらいや内容、指導上の留意点』
    新学習指導要領では、学級活動の目標は次のように示されている。「学級活動を通して、望ましい人間関係を形成し、集団の一員として学級や学校におけるよりよい生活作りに参画し、諸問題を解決しようとする自主的・実践的な態度や健全な生活態度を育てる。」(*1)さらに、「日常の生活や学習への適応及び健康や安全に関すること」の内容としては、「希望や目標をもって生きる態度の育成、基本的な生活習慣の育成、望ましい人間関係の育成、学校図書館の利用、心身ともに健康で安全な生活態度の形成、学校給食と望ましい食習慣の形成など」が挙げられている。
     次に内容について述べる。学級活動の一つ目は、学級や学校の生活の充実と向上に関することだ。1番目に話し合い活動がある。学級の問題を話し合うために、例えば計画委員会を経ち挙げて議題の設定や運営をする。さらに学級会を作って、必要事項を話し合う。2番目に係活動がある。学級の生活が円滑にできるために、必要と思われる作業を出し合う。もちろん児童の発達段階や状況に応じては、教師の助言によってこれを作る。活動の例としては、掲示係や図書係…など様..

    コメント1件

    amazing702jp 非購入
    このレポートは合格したものですか
    2011/06/01 0:36 (5年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。