教育の方法と技術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数194
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    教育の方法と技術

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『授業設計』
    【課題1】授業設計の手順、指導目標の明確化について説明せよ。
    授業設計は大きく分けて「単元全体についての授業設計」と「本時の学習指導についての授業設計」という二つの部分からなる。まず「単元全体についての授業設計」について説明する。それぞれの教科には「教科の目標」がある。またこれを達成するために「各学年の目標」、そして「年間指導計画」がある。「単元」とは、この年間指導計画を構成する要素であり、あるまとまった指導内容の単位を意味する。年間の限定された授業数で計画するには、必要十分な単元が選ばれなければならず、価値ある単元が設定されるためにも「単元の指導目標」が明確になっていなければならない。
     では単元の指導目標を決めるための判断材料は何か。二つのポイントがある。まず、「教科・教材のねらい」である。教科・教材の構造や系統からみて重要でなければならない。次に、「生徒の実態」である。その内容が生徒の成長や発達にとって望ましいものでなければならない。これらのポイントとあわせて学習指導要領を参照することが、具体的に単元指導目標を設定するために重要である。
    次に「単元設定の理由」の記述..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。