教師論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数212
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    教師論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    21世紀における教師の役割という視点に立って、まずテキストの内容を要約し、次に私の意見を述べる。
    要約
    まず情報技術革命について。現在は「知識社会」であると言われる。特にインターネットの登場が我々をとりまく情報環境を一変させた。これは、テレビや電話などの情報機器を、全て包括してしまうほどのものとして発達し続けている。こうした中、教育へのITの活用には、二つの側面がある。
    まず一つ目は、「教育を支援する技術」としての活用だ。コンピューターソフトを使用して効率的に授業を行うなど、実際の授業展開に応じて、教師はITを使えるようになる必要がある。二つ目は、「教育を発展させる環境」としての活用だ。実際にITを活用し豊かな体験を持つこと。またそれを可能にするような環境を、教師たちが提供することだ。
     これらのために、教師がITリテラシーを持っている事が大切である。ITに対する正しい理解と、それを現場で反映させていくための知恵と技術を持つこと、これは21世紀の教員の資質である。
    次に国際化について。小学校で英語教育が始まった。これは世界の共通言語として必須スキルだ。ただし、英語以前に生徒達は日本語を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。