学校制度と社会2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数113
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    学校制度と社会

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『国際理解教育』
    本レポートでは、学校教育における「国際理解教育」の重要性についてまとめ、次に英語教育を例にとって、その具体的な取り組みの概要、そして、その取り組みが抱える課題や問題点について考察する。
    第二次大戦直後からユネスコによって「国際理解教育」の重要性は提唱されてきた。1974年のユネスコ総会では、国際理解教育に対する勧告が出された。さらに時代は進み、今日、グローバル化が進んだ。それは政府間レベルの国際化といったものにとどまらない。国境を超えた人・物・情報の移動が活発になった。日本に住む外国人の数も年々増え続けている。異国間交流は今や珍しいことではない。人材の国際間競争も加速している。また、日本と諸外国との相互依存関係が深まった。環境問題など、一国だけでは解決できない問題が多い。
    学校教育は、こうした現状に学校は対応しようとしてきた。様々な取り組みがなされてきた。総合的学習の時間の導入、外国の学校との交流、小学校への英語教育の導入や外国人語学指導教員の活用などである。こうした国際理解教育は、他の国についての理解、国際的な視野に立って自分たちの生活を考える力、国際社会の一員とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。