A判定レポート,育心理学,佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数224
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A判定レポート 佛教大学通信学部 Z1103教育心理学 「児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係)の広がり、自己意識などがどのように変化するかをまとめよ」
    所見:不適応に触れており、よい

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係)の広がり、自己意識などがどのように変化するかをまとめよ
     児童期は、新たに学校生活が始まることにより、社会的認知、自己意識などに目覚しい発達が見られる時期である。就学直後の子どもは、学級のリーダーである教師との関係を結び、依存しようとする。しかし、次第に子ども同士の結びつきを積極的に求めるようになり、やがては仲間関係が心理的に占める割合は親や教師を越えるものとなる。初期の仲間は席が近いなどという、表面的な理由で組織され、小学校中学年では同性からなる小グループを作り、大人からの自立を試みるような冒険的、挑戦的な活動を模索する。仲間を重視する傾向は年齢とともに高くなり、家族よりも仲間との価値観を重要視するようになり、仲間の選択も、価値観を重視していくものへと変化する。就学直後の子どものように、特定の人物にだけ依存するような関係ではなく、自立的で安定した対人関係を築いていく。仲間関係の構築や学校生活を通して、子どもは言葉による表現力の習得、伝達される多様な情報の適切な処理を学ぶ。また、仲間との対人関係を維持するためには、自分の感情や要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。