女性と政策 DV防止法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数312
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本子ども女性社会保育問題大学虐待暴力

    代表キーワード

    女性と政策

    資料紹介

    1、DV防止法
    2,プレイセンターについて
    3,大学への期待

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    DV防止法
    私はDV防止法について取り上げたいと思います。女性は男性より力が弱いというだけで暴力を受け、支配されていることもありました。DV防止法が制定される前は女性の権利や安全を保証してくれる制度がなく、家庭内暴力は夫婦喧嘩と片付けられてしまっていました。DV<ドメスティックバイオレンス>という言葉が世間に浸透したことが既に大きな進歩と言えます。
    『DV防止法の大きな柱は、暴力に悩む被害者を加害者から分離する「保護命令」制度を新設したことにあります。 生命の危険にさらされた時、または身体に重大な危害を受ける恐れが大きい時、被害者は公証人の認証を添えて、裁判所に書面で保護命令を申し立てることができ、裁判所はすみやかな審理を行い、場合によっては、加害者に対し6カ月間の接近禁止、または2週間、住居からの退去を求めることができます。
    また、もし加害者がこの保護命令に違反すると、1年以下の懲役か100万円以下の罰金が科されることになっています。このほか、警察に対しては、通報を受けた場合、「暴力の制止」「被害者の保護」「被害発生を防止するために必要な措置」に努めるよう規定しています。』
    一見問題..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。