ルソーの教育思想と生活科

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数814
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1、 ルソーの教育思想
    2、 生活科との関連
    3、 考察・感想

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ルソーの教育思想と生活科
    ルソーの教育思想
    エミールより「人は子どもを、まだその時が来ないのに大人にしようとしているのだとあるように、「子どもの時代は大人の時代と違う固有の存在様式を持っている」と主張している。「子ども時代を豊かに過ごす」ことで子どもは大人になるとして今日でいう発達段階を論じながらかけがえのない子ども時代をその時代らしく生きることが大切だとした。
    ルソーの教育論は“自然の教育”だとおさえられる。人間の教育において自然先生は五割を演じ、のこりの五割を人間先生は自然先生に相談し、事物先生を伴って、いとおしい子どもたちに接近することの必要性を説いた。この三先生の調和がとれ継続されたと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。