遊女の歴史

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数781
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私とは何か
    ジェンダーに関する考察
    遊女の歴史

    序論
    本論
    ・遊女の歴史
    ・遊廓
    ・遊女屋
    ・身売り・年季 女衒
    ・遊女の病気
    結論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      
    私とは何か
    ジェンダーに関する考察
    遊女の歴史 表紙含め8枚    
    序論
     現代にはキャバクラやソープと言った類のものがあるが、昔の人は嫁入り前にほかの男とセックスをしてはいけない、という教えがあったが、現代では嫁入り前まで処女でなくてもあばずれ扱いを受けることはなくなった。しかし、そこまで処女にこだわり大切にしていた昔にも現代のソープのような遊郭というものが存在した。
     「さくらん」という映画がはやり世に昔のソープというものの存在を知って以来興味を持ちました。また、さくらんでは折檻や身請けなどが出ていて、主人公は遊廓の外に出ようとあの手この手で必死に脱出を試みました。本当に娑婆に出られないなんて罪人じゃあるまいしそんなことがあったのか、たしてどこまで真実なのか知りたいと思いました。
     
    本論
    遊女の歴史
    遊女とは人肌の女神とも言われ古代から宿場・港町・寺社門前などの人の多く集まるところで歌舞を演じたり枕席に侍したりして男たちを楽しませた女のことである。奈良時代には遊行女婦として記しこれをうかれめと読ませている。平安時代になるとうかれめの他遊君やあそびなどと呼ばれ遊女という呼..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。