保健理論第1課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数210
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    インフルエンザは毎年、冬頃に世間を騒がせる問題となっている。
    このインフルエンザはウイルス性の風邪で発症すると38℃以上の高熱や咳・呼吸困難・喉の痛みといった呼吸器系の各種疾患及び結膜炎・鼻炎といったアレルギー様症状、筋肉痛、関節痛等の症状を引き起こし、最悪の場合は死に至る事も多い。2009年WHO発表のデータを見ると、感染者は34万人、死者は少なくても4100人以上とされている。
    このインフルエンザというウイルスには様々な形があり、やっかいなことに後に述べる変異を繰り返しながら成長・進化を繰り返すため、我々人間とのイタチごっことも言える形になっている。
    最近ではパンデミックと呼ばれる新型インフルエンザの大流行が記憶に新しい所であるが、この新型インフルエンザは私たち人間にとって本当の驚異をもたらしたのでないだろうか。
    新型インフルエンザウイルスはH1NI型と名付けられ、多くの死者をだし大流行した。
    インフルエンザウイルスは非常に複雑な経緯で誕生しており、「最初は1918年に出現したスペイン風邪のH1N1ウイルスが豚に感染し、豚の間で受け継がれてきた。これを「クラシカルスウイン」と呼んで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。