保健理論 第2課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数189
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代社会に於いて、メンタルヘルス対策は、国や企業が積極的に押し進める課題となっている。
    その裏側には近年の自殺者の増加が挙げられる。
    特にバブル経済崩壊後、日本の伝統であった「終身雇用制度」「年功序列主義」といった文化が崩れ、能力評価制度が導入された事により、
    人々のライフスタイルに変調を来たし、その変化に順応できないことから、ストレスが溜まり、そのストレスを起因とする「うつ病」が自殺者増加の原因ではないかと考えられている。*どこかに。を
    自殺者の数は平成9年頃までは2万5千人前後で推移していたが、バブル経済が崩壊した平成10年3月には5千人増の3万人を超え、その自殺者の殆どが働き盛りの
    20代~30代であり、その年代の死因としては自殺が第一位である。*出典はどこ?
    警察庁のデータからの引用であるが「全自殺者の95%は何らかの精神疾患を患っていて、そのうち「うつ病」を患っていた自殺者は27%」と発表されており、
    「うつ病」と自殺の関連性は見過ごせない所まで来ており、これを受けて国は平成18年に自殺対策基本法を定めた。
    この法律は自殺の恐れのある人が医療を受けやすくする、医療体制の整備を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。