611音楽科教育Ⅰ(2単位分)word版合格レポート 2010年度 明星大学

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,385
ダウンロード数151
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <1単位目>
    1.世界にはさまざまな楽譜がある中で、五線譜は利点の多いすぐれた楽譜と言えますが、限界もあります。五線譜では表しにくい音の要素や、その他五線譜の限界について、教科書「はじめに」とp.5~6を読んで、まとめてください。
    2.次の①から⑤の言葉を例にならって、四分音符と八分音符で表してください。問題の語句(カタカナ)も例と同様に書いてください。
    3.①2音間の音程を答えてください。
      ②与えられた音の上に、指定された音程になる音を書いて   ください。
    4.①指定された調の音階(上行形のみ)を書いてください。左  側に調号を使わず1度書き、右側に、調号を正しく付けた形  で、もう1度書いてください。
     (1)イ長調
     (2)変ロ長調
     (3)ロ長調
     (4)ハ短調の自然的短音階
    ②以下の2つの調については、左側に調号を使わずに自然的  短音階を書き、右側n調号を使って和声的短音階を書いてく  ださい。(上行形のみ)

    <2単位目>
    1.次の調の主要三和音を、調号を使って書いてください。
    ①ニ長調
    ②変ホ長調
    ③ロ短調
    ④ハ短調
    2.次のコードネームを見て、それが表している和音を音符で書いてください。
    3.次の語句または記号の読み方をカタカナで書き、またその意味も書いてください。
    4.次のような音符があります。記号を見ながら、演奏する小節の順序をアルファベットで書き、また合計で何小節になるか答えてください。
    5.次のリズム譜に、指示された拍子に合うように、小節線を記入し、強拍と弱拍がわかるように、譜の上に●と○を付けてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    |
    ③ 課




    (貼付がないものは受付できません)
    1単位目 ‐

    I力轟∬轟崩
    =■
    輔義議轟義藤丼:轟赫 菱

    顆 曇鰊 鰺 鯰 忘 頌 轟嘉
    妻難11繊轟|二操あ轟、あ轟清:も話井峯みti:
    王暫L_L丘i〈 二墨:壼1っ_妥正た甚 五2:_す :_Liti4_Lヱ」1あ !る !.♂炎
    し だ11
    塑 ム ^
    F犠ヵlと :リ ク:一 ‐フ
    じ1マ 1し ::ろ :し :ιま 五笠 Lか1り 17・ | :πUЦ レ
    1
    F‐犠』1と |二.ク三‐2二重立壁上墨_2_E
    匿 亜 蓄 正 亙 互 互 夏 自.J麹墾 払 ,一ユ 且 上 止 主 二 盛 憂 _ご 1
    1r ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。